読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常はネタ帳

ネタにあふれる楽しい日常

引かれずに下ネタを言う方法を徹底的に考えてみた

雑記 イラスト
スポンサーリンク

f:id:rikudra:20150715091006j:plain

こんにちは、陸龍斗です。

 

下ネタ。

男性なら誰しも下ネタが好きだと思います。

女性だって苦手といいつつ本当は好きなんでしょ?知ってますよ?(知りません)

下ネタは万国共通だってあのイッテQでも言ってました。

 

つまり、全ての人類は下ネタ好きということです。

 

ただし、ここで問題になるのは

下ネタをいうと引かれる可能性がある

ということです。

全ての人類に愛される下ネタも、やはり現代社会においては「下品なもの」と扱われ蔑視されています。

 

しかし本来、下ネタとはみんなに好かれるもの。

ぼくは適度に使えばより人生を楽しく過ごせるものになると思っています。

そうはいっても引かれるかも、という恐怖からぼくはこれまでの人生で下ネタを一回も言ったことがありません。

ぼくのような人間が増えれば、この現代社会が下ネタという概念が存在しない退屈な世界になるのも時間の問題です。

そこで今回は引かれることなく下ネタを言う方法を考えていきたいと思います!

 

※伏字になっている箇所が多数ございますが想像で補ってください。

 

適度に仲良くなってから言う

f:id:rikudra:20150715091043j:plain

 

 一番オーソドックスな方法ではないでしょうか。

適度に仲良くなってから下ネタを言うことで信頼感が生まれ、親密度もアップすることでしょう。

 

 

 

会話にスパイス程度に混ぜる

f:id:rikudra:20150715091059j:plain

 

モテるやつはこの辺りのテクニックがすごい。

キモいイメージよりユーモアなイメージがつくよう適度に使うことで、

「もー!◯◯くんのエッチ///」

って照れるかわいい女の子が見れるでしょう。

 

 

 

盛り上がってるときに言う

 

f:id:rikudra:20150715091116j:plain

飲み会やイベントなど、みんなが盛り上がっているときに言うことで、引かれずにさらに盛り上がることができるでしょう。

 

 

 

クールに言う

 

f:id:rikudra:20150715091135j:plain

クールに言うことでかっこよさを演出し、下品さと相殺しましょう。

 

 

 

必死に言う

f:id:rikudra:20150715091148j:plain

 

必死さをアピールすることで「下ネタを言うのになにか理由があるのかも」と思われるでしょう。

命がかかっているつもりで言いましょう。

 

 

 

シリアスに言う

 

f:id:rikudra:20150715091210j:plain

シリアスに言うことで、「この下ネタはこれからの展開の伏線になるのかも」と真剣に考えられるでしょう。

下ネタを言う前に適度な間を取るのがポイントです。

 

 

 

上品に言う

f:id:rikudra:20150715091224j:plain

 

上品に言うことで下ネタが持つ下品さは相殺され、引かれる理由がなくなります。

 

 

 

イケメン・美女になって言う

 

f:id:rikudra:20150715091239j:plain

イケメン・美女ならなんでも許されます。

 

 

 

ブリッジしながら言う

 

f:id:rikudra:20150715091250j:plain

ブリッジをしながら言うことで、下ネタを言ったことより「なぜブリッジをしているのか」というところに関心が行き、ごまかせるでしょう。

 

 

 

パンツを被って言う

 

f:id:rikudra:20150715091306j:plain

パンツを被って言うことで、下ネタを言ったことより「なぜパンツを被っているのか」というところに関心が行き、ごまかせるでしょう。

 

 

 

 

全裸で逆立ちしながら言う

 

f:id:rikudra:20150715091321j:plain

全裸で逆立ちをしながら言うことで、下ネタを言ったことではなく、全裸で逆立ちをしていることによって通報・逮捕されるでしょう。

 

 

 

漫画家になってタイトルにする

 

f:id:rikudra:20150715091332j:plain

漫画のタイトルにすることで、ギリギリの単語をのびのびと言えるだけではなく、人気漫画になれば女子高生にギリギリの単語を発音させることも可能です。

主な例が◯んたまです。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

このテクニックを使うことで、今日からは引かれる心配なくのびのびと下ネタという概念が存在する愉快な世界を過ごしていきましょう!

 

 

追記:最近、◯んたまが熱い。

 

 

おわり

広告を非表示にする